本文へスキップ

四百余年の時を刻む江戸城築城石石丁場跡。石工達の息吹を感じて下さい!

メールでのお問い合せはinfo@edojyo.tokyo



伊東市街から国道135号線を北上、
つづら折りの道をしばらく進むと「新宇佐美トンネル」が待ち受けています。
「新宇佐美トンネル」の直上は、江戸城築城石採石石丁場の痕跡を残していたのです。
築城石残石が残る谷筋は現在の国道135号線を南下、修羅道(石曳道)を形成していたと思われます。
築城石採石当時、主要街道の「東浦路」は急峻な地形が続く海岸沿いを避け、
宇佐美からは山間部を尾根沿いに経由して網代、多賀に繋がっていたのです。

● 2020年1月13日更新 ●








調査・企画・編集・写真・制作
すぎもとみつのり
〒413-0303
静岡県賀茂郡東伊豆町片瀬402-1
ルシーヌ南熱川103

sugimoto@izu-joho.info

※本サイト参考による石丁場探索によって被る傷害について一切の責任は負いません。
石丁場探索は自己責任、自己管理の下で行動願います。

copyright©2015-2020 江戸城築城石石丁場之覚 all rights reserved.