本文へスキップ

四百余年の時を刻む東伊豆町の築城石採石跡。石工達の息吹を感じて下さい!

メールでのお問い合せはedojyo@chikujohseki.com

東伊豆江戸城築城石石丁場

分銅紋(出雲国松江藩主・堀尾山城守)、クルス紋(羽柴左衛門太夫・福島正則)、
L型紋(松平阿波守忠英)結三輪違紋(紀伊国和歌山城主・浅野紀伊守幸長)など
刻印石の魅力満載の石丁場です。
※細久保石丁場、谷戸ノ入石丁場、谷戸山石丁場の区分について、本サイトでは字名(あざめい)の区分とは異なります。
区分については「東伊豆町の石丁場」ページにて・・。


別荘分譲地内に残る非常に珍しい削り出し途中の角石を紹介します。
江戸城築城石採石石丁場は神奈川県西部地区から伊豆東海岸に点在していますが、
岩体から角石(城郭の角に使用する大型築城石)を削り出す様子が当時の状態で残されている石丁場は、
重要文化財レベルといえるでしょう。





削り出し途中の角石動画(89.2MB)



多くの江戸城築城石切出し残石が残る谷戸ノ入石丁場。
石丁場探索シーズン(11月下旬〜3月上旬)が到来すると必ず潜入する石丁場群なのですが、
意外にも三年ぶりの更新となってしまいました。
三年ぶりの更新は福島左衛門太夫政則の石丁場から・・。















谷戸ノ入石丁場 みかん畑の角石(107MB)





谷戸ノ入小型荒削り角石動画(137MB)