2017年10月、二週続けて襲来した台風が残した東伊豆町稲取、磯脇石丁場に姿を現した刻印石。

2017年10月、日本列島を二週続けて台風が襲来しました。東伊豆町稲取の磯脇石丁場内に広がる磯丁場は台風による大波で地形が変わる程、大きな影響を受けていたのです。
遊歩道の防波堤を越えた大波は、防波堤内を海水で満たし、満たした海水に大波が襲いかかり遊歩道直上の民家石垣を波で洗ったのです。
地形の変化が気になっていましたが、磯丁場への探索機会がなく、状況を把握していませんでしたので二年ぶりに磯を歩いてみました。
東伊豆町稲取田町地区の堤防から磯釣りで有名な黒根岬に続く遊歩道の終端。台風の大波に洗われた民家の石垣と隣接する土手に驚愕、興奮、大絶叫の江戸城築城石が姿を現していたのです。

▲民家の石垣に組み込まれた矢割石。松平土佐守の刻印が二つ刻まれている。
▲「○に二」「柏一葉」の組み合わせ刻印近景。

民家石垣に組み込まれた矢割石に「○に二」「柏一葉」の刻印が刻まれているではありませんか。使用大名は松平土佐守。新発見の刻印です。隣接する土手には角石まで確認出来たのです。

▲土手から姿を現した角石。
▲角石の上に根を下ろした松の木。

海岸線に目を向けると大型角石。おそらく積船時に落下させてしまい江戸まで運ばれることがなかった石材でしょう。石材を移動時に落下させると落城に繋がるとして、江戸まで運ばれることがなかったのです。

▲積船時、落下させてしまった波打ち際の角石。

今回の発見は、磯脇石丁場で確認されていた「越前」の刻字と刻印、多数の矢穴が開けられた大岩と崖上に鎮座する「進上 松平土佐守」の銘文が入る角石の存在から松平土佐守こと山内忠義の大規模石丁場の存在を裏付ける証となるでしょう。

詳細はhttp://www.chikujohseki.com/isowaki.html

続報・・破壊され一部失われた江戸城築城石採石地/細久保石丁場

東伊豆町大川地区に広がる細久保石丁場です。宿泊施設による施設侵入のためのコンクリート道施設により、一部破壊されてしまった石丁場の続報です。

東伊豆町大川地区細久保石丁場。四百有余年を経た角石切出し現場。

過日、東伊豆町長を前に文化財を管理する教育委員会に「五月に破壊行為の報告後、なぜ四ヶ月以上も現場確認すらしないのか?」と一喝。今後の適切な対応について申し入れを行いました。

数日後、同町文化審議会より教育委員会が現場確認を実施する旨の連絡を受け、同行したのです。待ち合わせ時間、午前十時に不安感を持ちました。先方は宿泊施設・・、チェックアウトの時間では無いだろうか・・。待ち合わせ場所にて教育委員会担当者に「先方に連絡を入れてあるか」と問い合わせたところ、「入れてありません」と不安的中の回答。破壊現場は公道や雑木林内から容易にアクセス可能な場所ですが私有地内です。現場確認を中止するという判断もありましたが、ようやく重い腰を上げた教育委員会・・、不安感を抱きながら現場に向かったのです。

角石後方に見えるパイプは宿泊施設敷設のパイプです。

破壊された石丁場の現場確認中、宿泊施設のスタッフに声を掛けられました。
「何ですか」との問いかけに「石丁場現場確認です・・。」スタッフは明らかに怪訝な顔。宿泊施設の経営前に同地区区長との取り決めによって、敷地内の江戸城築城石について動かさず、傷つけず、破壊せずであったことを伝えたところ、宿泊施設スタッフは「そんなことは知らない、築城石だか何だか知らないが関係ない、言いたいことがあるならオーナーに言ってくれ、お前ら不法侵入だ」と騒ぎ立てる始末。貴重な文化財を破壊したという意識など全くなしなのです。先方に連絡せずに現場確認を行った教育委員会にも非があることは確か、早々、現場を後にしたのです。

先日、東伊豆町文化審議会が開催された模様です。筆者は文化審議委員会員ではありませんので出席していませんが、宿泊施設の石丁場破壊行為が報告され、今後の対応について審議されたと聞きました。
宿泊施設に対しては今後、破壊行為を行わないよう申し入れると同時に埋蔵文化財包蔵地指定にむけて説明を実施。また、同町内に点在する私有地内石丁場についても埋蔵文化財包蔵地指定に向けて検討、もちろん町有地内石丁場についても埋蔵文化財包蔵地指定を行うことを確認したようです。
更に江戸城築城石石丁場を有する近隣自治体や関連団体、静岡県とも連携していくこととし、今後の石丁場保全についてシンポジウムの開催を計画する旨となりました。

ようやく、東伊豆町の江戸城築城石石丁場保全に向けてスタートラインに付くことができました。以後、動き出した行政が再び傍観者にならないよう、常に当事者として意識を持つよう情報提供していく所存です。

「T」の刻印に隠された謎を解き明かす。

先日、半年ぶりに東伊豆町大川地区、谷戸山石丁場に潜入しました。
いよいよ石丁場散策、シーズンインの頃合いとなりました。

一枚目の写真は切り出し途中の角石(江戸城築城石)です。
手前小口に「T」の刻印が刻まれています。
切り出し角石と刻印の存在は以前より確認していましたが、周辺から同様の刻印が見出されず謎の刻印となっていました。
谷戸山-T刻印自然石

2枚目の写真は、切り出し角石小口に刻まれている「T」の刻印近景です。
東伊豆町発行の資料には、大川地区に於いて「T」の刻印は確認されていないようです。
t%e5%88%bb%e5%8d%b0-%e5%b0%8f%e5%8f%a3

三枚目の写真は、切り出し角石から約30m北方向に存在する自然石です。
高さ約3.5m、幅約2.5mの巨石ですが、
上部にハッキリとした「T」の刻印を発見しました。
キリシタン大名は、時としてアルファベットの刻印を使用することがあります。

「T」の刻印が意味する大名は・・・。

他地区で「○にT」の刻印を刻んだ大名が存在しています。
羽柴越中守こと豊前小倉藩初代藩主、細川忠興。
婚姻関係にあった明智光秀の娘、細川ガラシャは徳川時代の代表的キリシタンでもあります。
しかし、東伊豆町大川地区には細川忠興が担当した石丁場があったことは、現在まで確認されていません。
もし今回、複数確認された「T」の刻印が細川忠興由来の刻印であったとしたら・・・、新発見ということになります。
t%e5%88%bb%e5%8d%b0-%e8%87%aa%e7%84%b6%e7%9f%b3

まだまだ、謎の多い江戸城築城石石丁場。
この貴重な文化財を後世に残すべく、今後も石丁場調査を進めていきます。

熊本城築城石と東伊豆エリアの築城石

先の熊本地震によって、加藤清正築城の熊本城が多大な損害を受けました。
崩れた城壁と貴重な建造物の報道を目にする度、心痛めております。
熊本並びに大分県他、近隣地域の皆様には早期の復旧、復興をお祈り致します。

築城の名手、加藤清正は、
徳川家康の天下普請により慶長九年、江戸城築城の採石を命じられ、
遠く伊豆の地に参じ、石材採石の事業を行いました。
伊豆と熊本、遠く離れていますが築城で繋がった縁を感じています。

先日、崩れた築城石の一部より観世音菩薩の線画が発見されました。
線画のクオリティの高さに驚愕するばかりです。

伊豆東海岸を貫く古道・東浦路。
東伊豆町内の北川~大川間の峠、割石にも線画が描かれています。
北川地区・マミ穴の石丁場と大川地区・細久保石丁場のほぼ中間地点。
矢割石に描かれた線画は観世音菩薩というより、まるで宇宙人・・。

熊本城築城石観音菩薩
熊本城築城石から発見された観音菩薩。
矢割石線画
東浦路、北川~大川観の峠にある矢割石に描かれた線画。

 

被災した熊本城の櫓を一列の石材が支えた映像を目にしました。
支えた石材は城壁の角に位置する角石(すみいし)。
城壁の要であることが実証された角石ですが、
江戸城の角石の多くが、神奈川県西部から伊豆東海岸より採石されているのです。

多くの角石が江戸に運ばれる中、東伊豆町内の角石のいくつかは町内に留まり、
一部は切り出した状態で山中にそのまま残っているのです。

熊本城角石
熊本城の櫓を支える角石。
畳石
東伊豆町稲取の民家玄関先に残された角石。小口には「御進上 松平土佐守 十内」の刻字。

東伊豆町内の角石一覧は、
http://chikujyoseki.higashiizu-ecotourism.com/chikujyoseki.html

東伊豆町の築城石HP開設

東伊豆町の築城石HP
東伊豆ecoツーリズム協議会運営「東伊豆町の築城石」HP

東伊豆ecoツーリズム協議会が運営する「東伊豆町の築城石」HPがサイトアップされました。

http://chikujyoseki.higashiizu-ecotourism.com/

東伊豆町内各所に点在する角石が一覧で閲覧することが出来ます。
各石丁場、刻印石のPHOTOなど見所満載のHP、是非アクセスを!