つるし雛伝承廻廊 「西伝承廻廊」「北伝承廻廊」が見えてきた。

江戸城築城石について調べていると伊豆の石材切り出しに付随して、江戸時代の様々なことが推測できる事案に出合う様になりました。
その一つ、静岡県東伊豆町稲取が発祥とされている「つるし雛」。(現在、稲取では「雛のつるし飾り」と告知されていますが当ブログでは古来からの呼称「つるし雛」と記載します。)
福岡県柳川市の「さげもん」、山形県酒田市の「傘福」、静岡県東伊豆町稲取の「つるし雛」は日本三大つるし飾りとして知られています。日本三大つるし雛の地が江戸城築城石採石の歴史と密接に繋がっていたのです。

さげもん(写真参照:柳川市 http://www.city.yanagawa.fukuoka.jp)
傘福(写真参照:山形県 https://www.pref.yamagata.jp/)
東伊豆町稲取のつるし雛。

徳川家康の天下普請に始まった江戸城大改修。慶長期から寛永期に至るまで徳川三代の城普請は断続的に発令されたのです。神奈川県西部から伊豆東海岸は、江戸城築城石採石地として主に西国大名により多くの石丁場が設けられました。慶長、元和期では天領地であった地元村民を採石に従事させることは幕府からの厳しいお達しで禁じられていましたが、寛永十三年、三代将軍・徳川家光による江戸城外堀工事が始まると尾張大納言、紀州大納言、水戸中納言の徳川御三家に至るまで築城石採石普請が発令され、地元村民も適切な報酬を支払うことで築城石採石に関わる作業に従事させることが可能となったのです。

伊豆國稲取村は築城石採石期、天然の良港として築城石石載船の係留地となっていました。伊豆東海岸の石丁場至近の港として川奈、稲取が主な港であったことが細川家古文書によって確認されています。稲取村も大規模な石丁場が設けられ寛永十三年の普請では有馬左衛門佐直純、山崎甲斐守家治、稲葉淡路守紀通、九鬼大和守久隆ほか有力大名が石丁場を担当していました。
隣村の堀川(現北川)村、大川村には紀伊大納言頼宣、立花飛騨守宗茂、戸川土佐守正安、平岡石見守重勝、桑山左衛門佐一玄ほかが採石にあたり稲取村に船を掛け、船を回して江戸まで築城石を運んでいたのです。これら大名の中で、多くの武将から尊敬の念を抱かれていた立花飛騨守宗茂は、柳河(現柳川)藩初代藩主として知られています。関ヶ原の戦いでは西軍として戦い、浪人の身分となりましたが後に再び柳河藩主となったのです。関ヶ原の戦いで西軍に就き、改易された後、再び同じ藩主として返り咲いた唯一の大名なのです。
2018年2月、東伊豆町大川にて発見された刻印により立花飛騨守宗茂担当石丁場の存在が決定的となりました。「○に左(崩し字)」の刻印は「立左(りゅうさ)」の 呼称を持っていた立花飛騨守宗茂、その人なのです。

立花飛騨守宗茂(写真参照:Wikipedia)。
築城石残石の刻まれた立花飛騨守宗茂の刻印。

時代背景から推察すると寛永十三年以降、伊豆國稲取村には各地から多くの石工が集まり、石材調達に従事した報酬かつ天領地であったことから、かなり裕福な土地柄であったと思われます。
雛飾りは平安時代の「ひいな遊び」が起源(諸説あります)とされています。寛永期では「寛永雛」と云われ、現在の雅な段飾りとは異なり男雛と女雛の二体だけが飾られる簡素な形態でした。寛永時代、優雅に繁栄した稲取村民は簡素であった寛永雛の両脇につるし雛を飾り、繁栄の象徴としたのかもしれません(現在の伝承内容とは異なります)。大川村で採石作業に当たっていた立花飛騨守宗茂の担当丁場の石工たちが石載船を稲取村から回す際、このつるし飾りを目にして江戸城築城石採石終了後、自國の柳河藩に持ち帰り「さげもん」として伝承されたのかもしれません。「つるし雛伝承西廻廊」を思わせます。

では、「つるし雛伝承北廻廊」の推察です。
寛永十三年、三代将軍・徳川家光は江戸城外堀普請のほか日光東照宮大造営の事業にも着手しています。元和二年に亡くなった徳川家康の遺言により亡骸は久能山東照宮に埋葬され増上寺にて葬儀を行いました。翌年、東照大権現として神格化された御霊は日光東照宮に祀られたのです。幕府は家康の一周忌に合わせて日光に東照宮を建造していますが家光によって寛永十三年に大造営を行い現在同様の規模になったと云われています。

日光東照宮 陽明門(写真参照:Wikipedia)

あまり知られていませんが日光東照宮造営時や修築時、伊豆の石材が使われていたのです。築城石の様な大型石材を日光まで運ぶことは恐らく不可能であったと思われますが、石段利用などの石材は河川を遡ることで日光まで運んだようです。石段状の石材は稲取村の南側隣村、尾張大納言義直の担当丁場、耳高村(現河津町見高)田尻川北側の磯丁場からも切り出され、現在でも石段状石材の残石が大量に残されています。
また寛永時代以降、元禄年間、宝永年間には大地震等の天災により江戸城石垣、日光東照宮の修築が度々行われてきました。宝永年間の作事奉行として活躍した鈴木長頼の逸話に遭遇したのです。鈴木長頼は日光東照宮修築の際、伊豆から切り出した石材を運搬中、運搬船の不都合で日光まで運ぶこと出来なくなったため、現在の千葉県市川市に現存する弘法時(ぐほうじ)の石段に幕府の許可なく石材を利用してしまったのです。この事実が幕府の知れるところとなり、長頼はその責任を取り石段の途中で切腹、切腹した場所の位置する石は彼の無念の血しぶきと涙で濡れ、現在でも乾くことなく「なみだ石」として現存しているのです。

なみだ石(写真参照:Wikipedia)

宝永年間、日光東照宮修理の割り当てと出費がかさみ赤字藩へと転落したのが現在の酒田市を含む庄内藩だったのです。伊豆の石材切り出しと日光東照宮、酒田へ続くつるし雛伝承廻廊が見えたのです。
(上記は史実を踏まえた筆者の推測です。)

静岡県松崎町に現存する築三百年以上の木造建築「旧依田邸」。米蔵の柱に残された傷に歴史の謎は隠されていたのか?

先日(2018年5月19日)、静岡県松崎町の旧依田邸(旧大沢温泉ホテル)を訊ねてみました。
建造されたのは江戸時代の元禄年間(1688~1704)、築三百年以上が経過、堂々とした外観と風格ある館内は、歴史の重厚感を充分に感じさせてくれました。

平成22年(2010)、三百年以上前に建てられた母屋、約二百年前に客間として建てられた離れ、幕末に建てられた蔵三棟(道具蔵、米蔵、味噌蔵)が静岡県指定有形文化財に指定されています。

依田邸
伊豆地区建造物では2番目に古いとされる旧依田邸。築三百年を超える。

館内を見学する中、米蔵の柱の傷が視界に入りました。
館内ガイドをして頂いた松本さんの話では、柱の傷は建造当初からあったのではないかということです。
推測ですが、もし元禄年間の材木を流用して米蔵が建造されていたなら、約三百年以上前の材木が使用されていたことになります。母屋の大黒柱を見ると充分考えられることではないかと思った次第です。そう思えたのも柱の傷に見覚えがあったからなのです。

松崎町大沢、旧依田邸米蔵の柱に残る傷。

伊東市内、宇佐美北部石丁場群の桜ヶ洞(さくらがぼら)石丁場、鎌平石丁場、熱海市内、中張窪・瘤木石丁場より酷似する刻印が見出されています。

宇佐美北部石丁場群・桜ヶ洞(さくらがぼら)石丁場の切出し石材に刻まれている刻印。(写真:伊豆石丁場遺跡確認調査書2010/伊東市教育委員会発行)

刻印は「久」の略字とされています。
宇佐美石丁場を担当した大名家は田中筑後守、松平隠岐守、松平越中守、有馬左衛門佐、稲葉淡路守、九鬼大和守そして山崎甲斐守。熱海市中張窪・瘤木石丁場の担当大名家の中にも山崎甲斐守が存在しています。
松崎の依田家は織田信長の甲州征伐により、武田家が滅びた「天目山の戦」から逃れた依田家の一部が移り住んだとされています。依田家は甲斐武田家とは主従の関係にあり甲州とは深い繋がりがありました。
刻印が山崎甲斐守の刻印であるとは断定できませんが旧依田邸の米蔵に残された傷跡とは歴史的な繋がりがあるのでしょうか?

また、江戸城は寛永十三年、徳川家光の外堀造営を含めた普請以降、明暦三年(1657)・元禄十六年(1703)・安政二年(1855)の大地震により崩落した石垣の修築事業が行われています。
「細川家文書」によると明暦三年の翌年、万治元年(1658)、石屋久兵衛により「伊豆御影石(伊豆南部地区の凝灰岩)」を含めた石材が石材各産地より深川に集められています。石屋久兵衛配下の石工が松崎町の室岩洞付近の凝灰岩を見逃すとは思いません。
旧依田邸各所に見ることが出来る「∧に久」の紋は、石垣構築技術を提供した石屋久兵衛由来の紋かもしれません。石材切り出しに汗を流した石工達が大沢の地に湧出する温泉で汗を流し、主人・久兵衛の「久」の文字を柱に刻んだのかもしれません。

※上記は筆者の推測です。確定している史実ではありませんのでご了承ください。

2017年10月、二週続けて襲来した台風が残した東伊豆町稲取、磯脇石丁場に姿を現した刻印石。

2017年10月、日本列島を二週続けて台風が襲来しました。東伊豆町稲取の磯脇石丁場内に広がる磯丁場は台風による大波で地形が変わる程、大きな影響を受けていたのです。
遊歩道の防波堤を越えた大波は、防波堤内を海水で満たし、満たした海水に大波が襲いかかり遊歩道直上の民家石垣を波で洗ったのです。
地形の変化が気になっていましたが、磯丁場への探索機会がなく、状況を把握していませんでしたので二年ぶりに磯を歩いてみました。
東伊豆町稲取田町地区の堤防から磯釣りで有名な黒根岬に続く遊歩道の終端。台風の大波に洗われた民家の石垣と隣接する土手に驚愕、興奮、大絶叫の江戸城築城石が姿を現していたのです。

▲民家の石垣に組み込まれた矢割石。松平土佐守の刻印が二つ刻まれている。
▲「○に二」「柏一葉」の組み合わせ刻印近景。

民家石垣に組み込まれた矢割石に「○に二」「柏一葉」の刻印が刻まれているではありませんか。使用大名は松平土佐守。新発見の刻印です。隣接する土手には角石まで確認出来たのです。

▲土手から姿を現した角石。
▲角石の上に根を下ろした松の木。

海岸線に目を向けると大型角石。おそらく積船時に落下させてしまい江戸まで運ばれることがなかった石材でしょう。石材を移動時に落下させると落城に繋がるとして、江戸まで運ばれることがなかったのです。

▲積船時、落下させてしまった波打ち際の角石。

今回の発見は、磯脇石丁場で確認されていた「越前」の刻字と刻印、多数の矢穴が開けられた大岩と崖上に鎮座する「進上 松平土佐守」の銘文が入る角石の存在から松平土佐守こと山内忠義の大規模石丁場の存在を裏付ける証となるでしょう。

詳細はhttp://www.chikujohseki.com/isowaki.html

東伊豆町稲取、町内を流れる大川流域に江戸城築城石採石の大規模な石丁場の痕跡を見た!新たな刻印も発見!

静岡県東伊豆町稲取、湿原が広がる細野高原を源流域に持つ「大川」は、山中から急斜面を下り、伊豆急行線・伊豆稲取駅の下を流れ東伊豆町庁舎近くの稲取港に流れ込んでいます。
伊豆稲取駅から大川上流方向を見ると稲取特産の柑橘類が栽培される大規模なみかん畑を見ることが出来ます。みかん畑は南斜面に切り開かれ、大規模な石垣を築いて降り注ぐ太陽光を効率よく利用するための工夫がされています。石垣に利用されている石材に江戸城築城石、大石丁場が存在した痕跡を見ることが出来るのです。

大型矢割跡を残す矢割石。採石は間違いなく慶長時代。
比較的矢穴幅が小さい矢割石。作業は寛永時代以降。
同じ石垣に大型矢穴跡と小型矢穴跡、ドリルで開けられた跡が混在。江戸初期から近年までの時代を物語ります。

写真のように江戸城築城石採石の際、石材を切り出すため、矢割りされた石材の残石が石垣に組み込まれています。
慶長九年、徳川家康の城普請から始まった江戸城大改修事業は寛永十三年、徳川家光の普請後、寛永十六年に完了したといわれています。この石垣には慶長時代に採石した痕跡から寛永時代の採石、近年ドリルによって石材を加工した痕跡まで積み上がっているのです。この石垣周辺には、巨大な岩体が現在でも多数点在しています。その中の一つ、以前から気になっていた巨石がありました。
大川流域という地勢から鬱蒼とした竹林と高湿度な環境下、藪に入り込む度胸がなく、気になる巨石を眺めては溜息をついていましたが、例年にない低温が続いたおかげで巨石へのアクセスが容易になっていたのです。

いよいよ巨石に接近!
目に飛び込んできたのは、今まで確認されていなかった刻印、驚愕大興奮で一気に血圧急上昇となりました。

刻印が刻まれた巨石。刻印石の奥、石垣の手前はコンクリートで舗装された林道。
高さ約4m近い巨石に刻まれた刻印。「九」と「田」の組み合わせに見えますが・・。

初見したときは「大」と「田」に見えました。
「大」と「田」の刻印は場所が異なりますが近くの石丁場跡で確認されている刻印です。しかし、よく見ると「九」と「田」のようです。「田」の刻印は近くの愛宕山石丁場内で複数確認されています。「九」の刻印は沼津市戸田地区の石丁場、伊東市御石ヶ沢の石丁場で確認され、九鬼大和守久隆の刻印として確認されています。戸田石丁場と御石ヶ沢石丁場で確認される「九」の刻印は非常に類似していますが、今回見つかった「九」の刻印は両石丁場の刻印とは異なっているのです。
細川家文書の「伊豆石場之覚」によると寛永十二年前後、九鬼大和守久隆が稲取に担当石丁場を保有していた記載があります。付近のみかん畑から見つかっている「卍」の刻印が九鬼大和守久隆の刻印ではないかといわれていましたが今回、「九」の刻印が発見されたことで同大名家による採石場所が特定できたと思われます。
戸田石丁場と御石ヶ沢石丁場付近、細川古文書にて稲取同様、寛永十二年前後に九鬼大和守採石の記録があります。同じ大名家の別班がそれぞれの石丁場に入ったため、刻印の形状に相違があったのかもしれません。

今回の刻印発見場所付近は、おそらく数十年前まで大量の築城石残石が転がっていたことでしょう。現在では柑橘類栽培の石垣に姿を変えていますが、巨大な自然転石が点在する場所も残っています。未踏査箇所があるため、今後の調査により大発見があるかもしれません。

東伊豆町大川で新たな刻印石発見!発見場所は大規模太陽光発電建設地直下。

東伊豆町大川地区には江戸城築城石採石の大規模な石丁場が存在しています。今まで現認されていた石丁場以外の未踏査エリアから新たな刻印石が発見されました。
発見場所は、大川に存在していた国労教育センター跡地直下です。JR線とは直接縁の無い東伊豆町大川に、なぜ国労の施設があったのでしょうか?現在は大規模太陽光発電の建設工事が始まり、大型車両が現場に出入りしている状況となっているのです。
大丁場がある谷戸山山麓の沢を隔てた対岸が工事エリアであるため、石丁場の存在は予測できていましたが、平成八年・東伊豆町教育委員会発行「東伊豆町の築城石」では未踏査となっていました。
そんな状況下、刻印石発見の一報が飛び込んできたのです。早速、現場確認に・・。

繁茂する笹の中から突然姿を現した巨大な刻印石。
「○にた」刻印近景。

大規模太陽光発電工事現場直下、繁茂する笹藪の中から突然姿を現した巨石の上面に見事な刻印が刻まれていました。
刻印は「○にた」。
熱海、朝日山石丁場で多数確認されている刻印に近似していますが、筆者自身、東伊豆町大川地区では初見の刻印でした。今まで確認されている古文書により「○にた」の刻印は黒田長政の担当石丁場とされていますが、黒田家が東伊豆エリアで採石を行った形跡が無いのです。四百有余年の歴史を紐解く新たな発見に繋がるかもしれません。

しかし、新発見刻印石直上では太陽光発電の工事が進行中。付近の未踏査エリアを早急に調査しなければ、貴重な石丁場の破壊は免れないでしょう。
東伊豆町教育委員会には既に情報提供されていますが現場確認すら実施されず、太陽光発電の工事が始まっている状況も把握していないというお粗末な対応となっているのです。

大規模な石丁場の存在を予感する刻印石。
堆積物に埋もれた刻印石。

刻印は非常に鮮明で大川地区、他のエリアで見ることが出来る刻印に比べ保存状態では最も良い状態であると思われます。
限りあるエネルギー資源から、エコエネルギーに移行することは大切なことだと思います。しかし、いかなる理由があっても貴重な歴史文化遺産を破壊するようなことがあってはなりません。

御石ヶ沢石丁場で見つけた矢穴石に残る謎の石鑿跡。 解明を試みる。

伊豆東海岸を貫く国道135号線、伊東市と熱海市の境界付近に広がる御石ヶ沢石丁場群に潜入したところ、沢本流の一角で矢穴石を見つけたのです。実測しませんでしたが矢穴幅は100mm未満で築城石採石時期は寛永時代ではないかと思われます。

御石ヶ沢石丁場で見つけた矢穴石。

矢穴幅の大きさを確認しようと手をかざしたところ、石面の苔に隠れた石鑿跡を目にしました。
「何か書いてある~!」
慌てて軍手をはめた掌で苔を払いのけてみました。

苔を払いのけて現れた石鑿跡。

明らかに石鑿の線条痕です。
線条痕は文字を刻んでいるようですが、判読不明です。
仕事の関係でPhotoShopの扱いに慣れていますので、自宅にて石鑿で刻まれた線条痕を明確にしようと、あれこれ試行錯誤してみました。

画像加工で石鑿による線条痕を目立たせてみた。

画像に様々なフィルターを組み合わせて、石面に刻まれた線条痕を目立たせ、トレースを試みました。

画像を様々な角度で回転させ、文字として認識できるか試してみましたが、現在の天地が最も文字らしく認識できたのです。しかし、トレースしてもハッキリ判読できません。
「六※ん」・・。三文字の様に見えます。
漢数字の「六」、二文字目は解りません。三文字目はひらがなの「ん」。

以下、筆者の推測になります。
「六※ん」、曲解かもしれませんが「六ばん」ではないかと推測してみました。
矢穴幅から寛永時代と推察できる作業年代と「六ばん」の文字との共通点・・、思い当たる節があるのです。

時は寛永十三年。
江戸城大修築、最後の大事業と言われる外堀工事が、刻の将軍・徳川家光によって普請が下されたのです。全国六十二家の大名家や徳川家を一番組から六番組に分けて分担作業をさせたのです。
六番組は、
鍋島信濃守勝茂 三十五万七千石
生駒讃岐守高俊 十七万三千石
伊藤遠江守秀宗 十万石
織田出雲守高長 二万石
織田辰之助信勝 三万四千石
秋月長門守種春 二万七千石
島津左馬頭忠興 三万石
遠藤但馬守慶利 二万四千石
一柳監物直盛 二万八千石
京極丹後守高広 十二万三千石
京極修理大夫高 三万五千石
青木甲斐守重兼 一万石
織田大和守尚長 一万石
小出大隈守三尹 一万石
吉田兵部少輔重恒 五万五千石
久留島丹波守通春 一万四千石
以上、16家。備前佐賀の鍋島勝茂をはじめ殆どが伊豆東海岸の石丁場を担当しているではありませんか。

御石ヶ沢で見つけた石鑿線条痕が刻まれた矢穴石は「六番組」の作業場所であることを物語っているのではないでしょうか?

(寛永以前、元和六年の城普請時にも「六番組」まで組織が組まれ、分担作業で江戸城修築事業を行いましたが、元和六年に組まれた「六番組」は東国大名中心で伊豆東海岸からの採石は実施されていないようです。)

御石ヶ沢石丁場の他写真は、
http://www.chikujohseki.com/chougai.html

伊豆大島、岡田・勝崎沖から発見された慶長小判の謎。

昭和32年2月、伊豆大島・岡田地区の勝﨑沖で漁をしていた漁師が海底約20mの水深から黄金に輝く慶長小判を引き上げたのです。その後、周辺海域から慶長小判103枚、一分金63枚を発見。伊豆大島の埋蔵金伝説として語られました。
写真は現在、東京国立博物館で展示されている伊豆大島沖から引き上げられた慶長小判、実物です。

伊豆大島・岡田地区勝﨑沖の海底から引き上げられた慶長小判。一分金も展示されています。

この慶長小判について、なぜ伊豆大島沖の海底に存在していたのか、現在でも謎のままとなっています。
伊豆大島は江戸時代より物流航路の拠点となっていました。多くの商船が岡田港に寄港していたと思われますが同時代、付近で沈没したとされる商船は3隻確認されています。
1663(寛文3)年2月に沈んだ津の功天丸、1705(宝永2)年の宇和島の藩船、第二伊予紋丸、1737(元文2)年、明神丸です。
また、伊豆東海岸より江戸城築城石を運んでいた石載船に慶長11年5月25日、大規模な海難事故が発生。当時の海難事故について古文書に記載があり、鍋島信濃守勝茂の石船120艘、加藤左馬守嘉明の所有船46隻、黒田筑前守長政の所有船30隻が伊豆沖で沈んでしまったのです。
当時、石工たちの給金はお米で支払われていましたが、お米の購入費用や石材切り出し道具の修理費用など多額の金銭が必要であったことでしょう。江戸城築城石石載船に多額の金銭が運ばれていたことも考えられます。
伊豆大島沖の慶長小判と一分金、沈没商船のものなのか江戸城築城石石載船のものなのか謎は深まるばかりなのです。
もし、慶長11年の海難事故に伴う金銭だとすれば、伊豆沖周辺には、とてつもない枚数の慶長小判他金銭が沈んでいることでしょう。 

伊豆大島をシルエットに昇る朝陽。

続報・・破壊され一部失われた江戸城築城石採石地/細久保石丁場

東伊豆町大川地区に広がる細久保石丁場です。宿泊施設による施設侵入のためのコンクリート道施設により、一部破壊されてしまった石丁場の続報です。

東伊豆町大川地区細久保石丁場。四百有余年を経た角石切出し現場。

過日、東伊豆町長を前に文化財を管理する教育委員会に「五月に破壊行為の報告後、なぜ四ヶ月以上も現場確認すらしないのか?」と一喝。今後の適切な対応について申し入れを行いました。

数日後、同町文化審議会より教育委員会が現場確認を実施する旨の連絡を受け、同行したのです。待ち合わせ時間、午前十時に不安感を持ちました。先方は宿泊施設・・、チェックアウトの時間では無いだろうか・・。待ち合わせ場所にて教育委員会担当者に「先方に連絡を入れてあるか」と問い合わせたところ、「入れてありません」と不安的中の回答。破壊現場は公道や雑木林内から容易にアクセス可能な場所ですが私有地内です。現場確認を中止するという判断もありましたが、ようやく重い腰を上げた教育委員会・・、不安感を抱きながら現場に向かったのです。

角石後方に見えるパイプは宿泊施設敷設のパイプです。

破壊された石丁場の現場確認中、宿泊施設のスタッフに声を掛けられました。
「何ですか」との問いかけに「石丁場現場確認です・・。」スタッフは明らかに怪訝な顔。宿泊施設の経営前に同地区区長との取り決めによって、敷地内の江戸城築城石について動かさず、傷つけず、破壊せずであったことを伝えたところ、宿泊施設スタッフは「そんなことは知らない、築城石だか何だか知らないが関係ない、言いたいことがあるならオーナーに言ってくれ、お前ら不法侵入だ」と騒ぎ立てる始末。貴重な文化財を破壊したという意識など全くなしなのです。先方に連絡せずに現場確認を行った教育委員会にも非があることは確か、早々、現場を後にしたのです。

先日、東伊豆町文化審議会が開催された模様です。筆者は文化審議委員会員ではありませんので出席していませんが、宿泊施設の石丁場破壊行為が報告され、今後の対応について審議されたと聞きました。
宿泊施設に対しては今後、破壊行為を行わないよう申し入れると同時に埋蔵文化財包蔵地指定にむけて説明を実施。また、同町内に点在する私有地内石丁場についても埋蔵文化財包蔵地指定に向けて検討、もちろん町有地内石丁場についても埋蔵文化財包蔵地指定を行うことを確認したようです。
更に江戸城築城石石丁場を有する近隣自治体や関連団体、静岡県とも連携していくこととし、今後の石丁場保全についてシンポジウムの開催を計画する旨となりました。

ようやく、東伊豆町の江戸城築城石石丁場保全に向けてスタートラインに付くことができました。以後、動き出した行政が再び傍観者にならないよう、常に当事者として意識を持つよう情報提供していく所存です。

破壊され一部失われた江戸城築城石採石地・・東伊豆町大川地区・細久保石丁場。

掲載した写真は、2015年12月に撮影した静岡県東伊豆町大川地区の細久保石丁場群に存在する加賀藩前田家担当と思われる石丁場跡です。2017年8月現在、残念ですが、この風景を目にすることは出来ません。同敷地内に存在する宿泊施設の破壊行為により石丁場が失われてしまったのです。
二枚目写真の左側に宿泊施設に続く舗装路が確認出来ます。この舗装路の上方に新たなコンクリート道が造成されてしまったのです。新たなコンクリート道の造成箇所は、掲載した写真の江戸城築城石採石残石が残る貴重な石丁場内。破壊を確認した日、あまりのショックに写真を撮ることさえ出来ませんでした。

hosokugo20170813L_008

該当場所で宿泊施設の営業が開始する直前、当時の東伊豆町大川地区区長と宿泊施設経営者との間で面談が行われ、宿泊施設経営者に対して区長より「町内に残る江戸城築城石の石丁場は大変貴重な文化財であるから、石丁場内にある残石は一切動かしたり、破壊しないこと」と強く申し渡し、宿泊施設経営者も了解の上、営業を開始した経緯があります。
しかし宿泊施設経営者は、この約束を遵守せずコンクリート道を造成し、貴重な石丁場を破壊したのです。

hosokugo20170813L_007

2017年5月、宿泊施設による破壊行為確認直後、同町文化財を管理する東伊豆町教育委員会に報告を行いました。未だに現地確認さえ実施しないお粗末さに言葉も出ません。
また、小田原市、熱海市、伊東市の江戸城築城石採石石丁場が国の史跡に認定されましたが、当然それぞれの行政は点在する石丁場を埋蔵文化財包蔵地に認定しています。ところが東伊豆町の行政は石丁場を町の文化財にすら指定しないだけではなく、地権者とのトラブルを避け、埋蔵文化財包蔵地への指定も拒んでいるのです。

例えばですが・・、石丁場が存在する土地の地権者が石丁場の現状維持を確約していただけるなら固定資産税を免除するとか、保全に関わる助成金を拠出するといった方法は採れないものでしょうか?日本を代表する城郭「江戸城」と「江戸の町造成」に関わる貴重な石丁場です。国民の文化財といっても過言ではないでしょう。

貴重な石丁場の破壊行為を行う宿泊関連企業と保全のための方策を実施しない行政。怒りの矛先を何処に向ければイイのやら・・・。

hosokugo20170813L_006

http://www.edojyo.tokyo

伊豆國大川村の風景に溶け込む和歌山城主、浅野紀伊守幸長の代表紋。

伊豆國大川村(現・静岡県賀茂郡東伊豆町大川)は江戸城築城石の採石地として、慶長時代から寛永時代に掛けて、多くの大名が築城石を切り出し、海上輸送で江戸まで運びました。
採石の名残が大川地区の谷戸山山中を中心に現存、おそらく同地区の殆どが江戸城築城石の採石地であったことでしょう。
石材の運び出しが行われた道を修羅道(石曳道)と呼びます。現在、修羅道があったと思われる痕跡はコンクリートで舗装され、民家が点在しています。良く有る海沿いの集落の何気ない風景の中に、浅野紀伊守幸長(現・和歌山県)の刻印が存在していました。

舗装路横の浅野紀伊守幸長の刻印石。
畑の石垣に刻まれた結三輪違紋。

修羅道と思われる舗装路、谷戸山に向かう延長線上には徳川家の刻印が残る石丁場があり、続いて松江城築城主、堀尾吉晴の担当丁場が現存。その西方向には羽柴左衛門太夫こと福島正則切り出しの築城石「ぼなき石」と担当丁場、そして浅野紀伊守幸長、担当丁場と連続的に繋がっています。
各大名の担当丁場の判断は、同種の刻印の確認から判断されています。近年、発見された古文書等でも他多くの大名が、江戸城築城石採石の地として伊豆國大川村に関わっていたことが実証されました。
残念なことに四百有余年の歴史を刻んだ江戸城築城石石丁場の一部がこの一年間で観光施設の身勝手な行動で破壊されてしまいました。破壊された石丁場は周囲に点在する刻印から加賀藩、前田家担当の丁場と思われます。
二度と元に戻らない石丁場。これ以上、貴重な石丁場が破壊されないよう、願うばかりです。

静岡県東伊豆町稲取の道祖神・八百比丘尼の謎に迫る!

 

静岡県東伊豆町稲取に現存する道祖神・八百比丘尼。

伊豆東海岸、稲取東町に「八百比丘尼(やおびくに)」と言われる道祖神が現存しています。道祖神は伊豆の凝灰岩で丸彫り坐像、神奈川県西部エリアから伊豆東海岸に分布する伊豆型道祖神の形態となっています。
「八百比丘尼」と言われる所以は、稲取の地を訪れた民俗学者・折口信夫先生により当時、現存していた状態から像が女神像で手に持つ素材を見て「八百比丘尼」であると判断したようです。
「八百比丘尼」とは日本各地に語られている伝説ですが日本海側、若狭湾地域で語られる伝説で知られています。
若狭国の庄屋の娘が浜で拾った人魚の肉を振る舞われた際、気味悪がって食さなかった村人達の中、娘だけが食べてしまい、その後800年生き続けたという伝説。現在の福井県小浜市には、八百比丘尼が入定したとされる洞窟が有り、入定地に残る石像と仏殿内の八百比丘尼像が稲取に残る道祖神に類似していたことも一つの根拠となり、道祖神は八百比丘尼とされたようです。
東伊豆町内には多くの道祖神が現存していますが、片瀬地区の道祖神も稲取の八百比丘尼像とやや似ているため、私は稲取東地区の道祖神は八百比丘尼ではないのでは、と疑問に思っていました。

福井県小浜市、八百比丘尼入場の地。

現在、様々な江戸城築城石に関わる研究をする中、熱海市伊豆山礼拝堂石丁場より「羽柴丹後守 けい長九年」の刻字が入った刻印石が見つかっていることを知ったのです。

伊豆山礼拝堂石丁場から発見された「羽柴丹後守 けい長九年」と刻まれた刻印石。

羽柴丹後守・・、丹後宮津藩の初代藩主・京極高知のことです。八百比丘尼伝説が残る若狭湾に面した一国を領主としていました。また高知県、山内神社資料館に残る文献資料に「伊豆國稲取」の文字と共に「京極丹後守」の文字が記されていたのです。八百比丘尼伝説が残る若狭と伊豆稲取が繋がりました。
さらに全国行脚をしたと言われる八百比丘尼は四国地方も訪ね、いくつかの八百比丘尼伝説を残しています。その中、高知県須崎市の神社には八百比丘尼塔が現存し、「高知県保護有形文化財」に指定されています。この神社の名称は「賀茂神社」・・。地元では「賀茂さま」と呼ばれ親しまれています。東伊豆町稲取を含む伊豆南部地方は「賀茂」と呼ばれていますが偶然の一致でしょうか?
更に香川県三豊市高瀬町の威徳院・勝造寺にも八百比丘尼塔が現存しています。建立は古く永和4年3月6日(1378年)とされています。年月を経て散失してしまった塔を再建したのは丹後宮津藩の系譜から繋がる丸亀藩・京極家なのです。再建は1678年、江戸城改修終了の1637年から約40年後、丸亀藩主・京極高豊による再建でした。

高知県須崎市「賀茂神社」に存在する八百比丘尼の塔。
香川県三豊市高瀬町の威徳院・勝造寺の八百比丘尼塔。

伊豆稲取に残る八百比丘尼像と江戸城改修の大号令を発した徳川家康の天下普請により、伊豆の地に石丁場を求めた丹後宮津藩の京極家。丹後宮津藩の系譜が繋がる丸亀藩京極家が再建した八百比丘尼塔。四国を行脚した八百比丘尼伝説が残る須崎の賀茂神社。そして、賀茂地区の稲取。歴史が織りなす物語が一つの線となって稲取の八百比丘尼像となっているようです。
伊豆稲取に採石地を求めた京極家の石工が、目の前の広がる相模湾を望み我が故郷、若狭の海を思い出し、若狭に残る八百比丘尼伝説を石像として帰郷の思いを形にしたのが伊豆稲取東町に残る道祖神「八百比丘尼」かもしれません。

熱海市 中張窪石丁場、謎の文字刻印石。

昨年、国の史跡に指定された熱海市、中張窪石丁場です。
文字刻印石が複数確認されている石丁場として、注目されています。
今回、メインルートと思われるコースで潜入してみました。

羽柴右近文字刻印石
「羽柴右近」文字刻印石

石丁場に入って先ず現れるのは、
「羽柴右近」と刻まれた文字刻印石です。
羽柴性で刻まれていますが森忠政の刻印石です。

「是ヨリにし 有馬玄番 石場 慶長十六年 七月廿一日」の文字刻印石。
「是ヨリにし 有馬玄番 石場 慶長十六年 七月廿一日」の文字刻印石。

東伊豆町稲取地区の本林石丁場からも、多くの石材を切り出している有馬玄番頭豊氏の文字刻印石。中張窪石丁場、見所の一つです。

「慶長十九年」の文字を刻む文字刻印石。
「慶長十九年」の文字を刻む文字刻印石。

深く刻まれた刻印と共に「慶長十九年」の文字が刻まれています。
「大坂冬の陣」開戦の年です。

判読不能文字刻印石。
判読不能文字刻印石。

「慶長十九年」と刻まれた文字刻印石が存在する石丁場から引き戻す途中、斜面の自然石が視線に入り、尾根まで斜面を登ると山頂に向かって左側斜面に多数の矢穴石、矢割石、刻印石が点在していました。最標高と思われる矢割石から尾根沿いに下っていく途中、熱海市教育委員会が発行した資料に存在が記載されていない文字刻印石に遭遇したのです。思わず山中一人「何か書いてある!」と雄叫びを上げてしまいました。帰宅後、複数の資料で調べましたが該当する文字刻印石が記載されている資料がありません。
謎の文字刻印石、新発見なのでしょうか?

詳細はhttp://www.chikujohseki.com/chougai.html

「T」の刻印に隠された謎を解き明かす。

先日、半年ぶりに東伊豆町大川地区、谷戸山石丁場に潜入しました。
いよいよ石丁場散策、シーズンインの頃合いとなりました。

一枚目の写真は切り出し途中の角石(江戸城築城石)です。
手前小口に「T」の刻印が刻まれています。
切り出し角石と刻印の存在は以前より確認していましたが、周辺から同様の刻印が見出されず謎の刻印となっていました。
谷戸山-T刻印自然石

2枚目の写真は、切り出し角石小口に刻まれている「T」の刻印近景です。
東伊豆町発行の資料には、大川地区に於いて「T」の刻印は確認されていないようです。
t%e5%88%bb%e5%8d%b0-%e5%b0%8f%e5%8f%a3

三枚目の写真は、切り出し角石から約30m北方向に存在する自然石です。
高さ約3.5m、幅約2.5mの巨石ですが、
上部にハッキリとした「T」の刻印を発見しました。
キリシタン大名は、時としてアルファベットの刻印を使用することがあります。

「T」の刻印が意味する大名は・・・。

他地区で「○にT」の刻印を刻んだ大名が存在しています。
羽柴越中守こと豊前小倉藩初代藩主、細川忠興。
婚姻関係にあった明智光秀の娘、細川ガラシャは徳川時代の代表的キリシタンでもあります。
しかし、東伊豆町大川地区には細川忠興が担当した石丁場があったことは、現在まで確認されていません。
もし今回、複数確認された「T」の刻印が細川忠興由来の刻印であったとしたら・・・、新発見ということになります。
t%e5%88%bb%e5%8d%b0-%e8%87%aa%e7%84%b6%e7%9f%b3

まだまだ、謎の多い江戸城築城石石丁場。
この貴重な文化財を後世に残すべく、今後も石丁場調査を進めていきます。

河津町見高ベロバ海岸磯丁場。

約三ヶ月ぶりの書き込みです。
夏場の石丁場散策は暑さと害虫との戦い。
丁場潜入を控えていました。

10月に入り、河津町見高付近をクルマで走行中、
視界に飛び込んできたのが民家の門前に祀られた道祖神と矢割りされた石垣。
もしやと思い、周辺の海岸に視界を移すとそこには多数の矢割石と矢穴石。
石丁場探索シーズン突入間近の前哨戦となったのです。

詳細はhttp://www.chikujohseki.com/chougai.html

midaka161001l_001

midaka161001l_010

河津町・見高の磯丁場

河津町見高地区磯丁場、岩盤の開けられた矢穴。
河津町見高地区磯丁場、岩盤の開けられた矢穴。

静岡県賀茂郡河津町見高地区の磯丁場です。
資料によると江戸城築城石採石時期、見高は「耳高」と呼ばれ、
尾張大納言義直が担当する石丁場が存在していました。

尾張徳川家は三代将軍・徳川家光の命により採石に参加。
現在の伊東市川奈~富戸付近、東伊豆町北川地区の大規模な石丁場を担当していたのです。

徳川家康による天下普請の命に始まる江戸城大改修。
徳川家光の時代は最も大規模な改修となり、
西国大名に限らず全国の諸大名から徳川御三家に至るまで
総動員して改修事業にあたったのです。

採石技術も改修に費やした約四十年の間に進歩し、
慶長~元和~寛永と時代が進むにつれ矢穴幅は小さくなっていきました。
見高地区の石に刻まれた矢穴は小さく、
尾張徳川家が担当した年代と照合出来る矢穴幅であることが確認できました。

詳細は、
http://www.chikujohseki.com/chougai.html

熊本城築城石と東伊豆エリアの築城石

先の熊本地震によって、加藤清正築城の熊本城が多大な損害を受けました。
崩れた城壁と貴重な建造物の報道を目にする度、心痛めております。
熊本並びに大分県他、近隣地域の皆様には早期の復旧、復興をお祈り致します。

築城の名手、加藤清正は、
徳川家康の天下普請により慶長九年、江戸城築城の採石を命じられ、
遠く伊豆の地に参じ、石材採石の事業を行いました。
伊豆と熊本、遠く離れていますが築城で繋がった縁を感じています。

先日、崩れた築城石の一部より観世音菩薩の線画が発見されました。
線画のクオリティの高さに驚愕するばかりです。

伊豆東海岸を貫く古道・東浦路。
東伊豆町内の北川~大川間の峠、割石にも線画が描かれています。
北川地区・マミ穴の石丁場と大川地区・細久保石丁場のほぼ中間地点。
矢割石に描かれた線画は観世音菩薩というより、まるで宇宙人・・。

熊本城築城石観音菩薩
熊本城築城石から発見された観音菩薩。
矢割石線画
東浦路、北川~大川観の峠にある矢割石に描かれた線画。

 

被災した熊本城の櫓を一列の石材が支えた映像を目にしました。
支えた石材は城壁の角に位置する角石(すみいし)。
城壁の要であることが実証された角石ですが、
江戸城の角石の多くが、神奈川県西部から伊豆東海岸より採石されているのです。

多くの角石が江戸に運ばれる中、東伊豆町内の角石のいくつかは町内に留まり、
一部は切り出した状態で山中にそのまま残っているのです。

熊本城角石
熊本城の櫓を支える角石。
畳石
東伊豆町稲取の民家玄関先に残された角石。小口には「御進上 松平土佐守 十内」の刻字。

東伊豆町内の角石一覧は、
http://chikujyoseki.higashiizu-ecotourism.com/chikujyoseki.html

東伊豆町の築城石HP開設

東伊豆町の築城石HP
東伊豆ecoツーリズム協議会運営「東伊豆町の築城石」HP

東伊豆ecoツーリズム協議会が運営する「東伊豆町の築城石」HPがサイトアップされました。

http://chikujyoseki.higashiizu-ecotourism.com/

東伊豆町内各所に点在する角石が一覧で閲覧することが出来ます。
各石丁場、刻印石のPHOTOなど見所満載のHP、是非アクセスを!

根拠無き立て看板 熱川温泉と太田道灌は無関係

観光客を欺く立て看板
観光客を欺く立て看板

今まであまり気にしていませんでしたが、事実無根の立て看板に怒り爆発です。
太田道灌と熱川温泉、全く関係ありません。 歴史上、いかなる文献を探しても伊豆熱川と太田道灌を結びつける文章が出てこないのです。しかも築城石と太田道灌は無縁なのです。

築城する際、石垣に関して石を切り出して城郭にしたのは徳川時代になってからのこと。豊臣時代以前の築城は全て野面積み、つまり石材は切り出すことをせず、自然石のまま積み上げて城郭としていたのです。

唯一、秀吉が攻め入った北条の小田原城攻めの際、一夜城を造成した石垣に一部、打込積みが採用され切り出し石材が使用されたことが遺構から確認されています。つまり豊臣時代の城郭石材切り出しはこの一例だけなのです。 豊臣秀吉の小田原征伐は1590年、太田道灌没年は1486年。 国内のいかなる城郭を見ても1590年以前の石垣は全て野面積みとなっているのです。

百年以上前にこの世を去った太田道灌が石材切り出しを伊豆で行ったとは奇想天外、全くあり得ないこと。太田道灌が関東管領・扇谷定正の名により江戸城を築城したのは1457年であり、平山城として築城され、石垣は全て野面積みのため石材の切り出しは行われていません。 1600年の関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康によって1603年、天下普請の命が下り、江戸城の大改修が始まったのが1604年。

時の幕府は天下普請により豊臣方に加担した西国大名に対して経済制裁とも言える築城石石材調達を命じたのです。つまり、徳川家康が関ヶ原の戦いに勝利していなければ天下普請の命が下ること無く、江戸城改修のための石材切り出しは行われなかったのです。
また立て看板内「村人たちは皆こぞって築城石の切り出しに・・」とありますが、江戸城大改修の時、伊豆東海岸は天領地であり住民は幕府と同等の人格を持っていました。古文書より石材切り出しに際し地元の村民は使用人とするべからず・・、といった内容の厳しい発令がされ「仕事中、雑談するな」「喧嘩はするな」「村民に迷惑を掛けるな」「時間を守れ」「石材の寸法を守れ」など禁止事項が記載されていたのです。

たった一枚の立て看板ですが・・、観光客を欺く立て看板。

2014年、熱川温泉観光協会より築城石に関する書籍が発行されました。こちらも江戸城築城石採石は太田道灌の遺言といった記載がありますが、全くの嘘であり、何の根拠もありません。 観光協会費より制作費が捻出されているようですが協会費には町からの補助が出されています。つまり税金が使われているのです。 嘘も百年言い続ければ事実・・まるで隣国がするようなことが我が町でされていると思うと情けない気持ちで一杯です。 立て看板は即撤去、書籍は即回収すべきでしょう。(書籍は図書館書棚から引き上げられました。)

また、熱川温泉が太田道灌を持ち出したのは、歴史深い稲取とは異なり歴史的な逸話が無い熱川に何か逸話を、と苦慮した昭和30年代?の観光協会事務局が「奈良本一丁目一番地」の地名(住人の名字?)であった「太田」。そこでふと浮かんだのが太田道灌。あまりにも稚拙な思いつき。さらに巻狩に来た太田道灌が発見とは・・。

当時の巻狩とは大規模な軍事演習を意味します。関東管領・扇谷定正の筆頭幹部であった道灌が陸路で大隊組んで伊豆山中を抜け東海岸に来る訳がありません。さらに当時の道灌の行動を考査すれば、東伊豆に立ち寄る時間など全くないほど多忙を極めていたのです。駿府での交渉事の後、韮山の堀越公方に報告によったことは史実で確認されていますが、その後直ちに江戸に帰還しているのです。

海岸沿いに建つ太田道灌像は西伊豆町仁科出身で日本を代表する彫刻家・堤達夫先生の作品です。道灌と熱川温泉が全く関係ないことを知りつつ道灌像を制作したのであれば特に問題ないと思いますが、根拠の無い話を持ちかけて制作して頂いたとなると大いに問題ありではないでしょうか。

 

北川~東浦路沿いのみかん畑跡の矢穴石

みかん畑跡矢穴石
北川地区、東浦路沿いのみかん畑跡、石垣に組み込まれた矢穴石。

3月、休みの度に雨に祟られ石丁場探索も小休止状態。
日々暖かくなると様々な生物が出没し、
山中の石丁場はオフシーズンに入ります。

残り少ないオンシーズン、4月に入り早速、石丁場散策なのです。

写真は北川地区、熱川に貫く東浦路沿いのみかん畑跡。
みかん畑造成時の石垣に組み込まれてしまった矢穴石です。
矢穴石というより切り出し途中の母岩なのです。

母岩左側は既に切り取られ、岩体の上部に矢割跡が残されていました。
矢穴幅は大きく、慶長時代の採石跡と思われますが、
周囲の矢穴石の矢穴幅は比較的小さく、採石時代が混在した石丁場となっています。

この矢穴石から南方向の急斜面、尾根に向かって巨大な自然石が点在しているのですが、
採石した痕跡が全くありません。
尾根最上部付近にある巨石を見て納得しました。
この付近の石は脆く、板状にはがれる状態で割れてしまうのです。

約四百年前の石工達、玄人仕事していました。

向山石丁場からの眺望

 

向山石丁場より
向山石丁場隣接のみかん畑最上部からの眺望

今月に入り石丁場探索を予定していた日程がことごとく雨に祟られ、
約3週間ぶりの石丁場探索となりました。

本林石丁場にて一ヶ月前に堆積物と雑草を取り除いた大型矢割石に再会。
雨に洗われた石面は見事なまでに白く、美しい姿を見せてくれました。

また、約4ヶ月前に向山石丁場にて堆積物を取り除いた矢穴石には、
堆積物取り除き時に全く気付かなかった刻印、釘抜紋が確認出来たのです。
更に孟宗竹とシダの生い茂る中、突然現れた大型矢穴石に驚愕。

十回以上探索に入っている石丁場でも未だ新しい発見が続いています。
詳細は東伊豆江戸城築城石石丁場ホームページで。

写真は向山石丁場に隣接するみかん畑最上部から志津摩海岸~藤三払い~池尻海岸~伊豆大島を望んでいます。

国道135号線北川トンネル伊東側出口左側竹林内石丁場

慶長時代の矢穴跡が残る矢割石
慶長時代の矢穴跡が残る矢割石

昨日、国道135号線北川トンネル伊東方面出口左側竹林内を探索しました。
先月末、国道から見える巨石まで潜入しましたが、
僅か数十メートル先に、これほどまで大規模な石丁場が存在するとは思いませんでした。

丁場内は治水のためか水路が造成され、旧国道からの不法投棄による廃棄物が散乱、
朽ちた孟宗竹や堆積物、落石で荒れ放題となっているのです。

伊豆急行線伊豆北川駅改札口付近の石丁場から続く丁場で、
国道で分断されていますが、旧道を横切り、古道・東浦路付近まで丁場が存在したようです。

北川エリアの石丁場は北川駅を中心に、
小規模な丁場が点在すると思われてきましたが、
最近、近隣を探索するにつれ、北川漁港付近に繋がる数本の沢沿いに、
北川エリア全域に達する大規模な石丁場であることが判明してきました。

詳細は東伊豆江戸城築城石石丁場ホームページにて。

本林石丁場 「天端石」切出丁場・・?

本林石丁場大割石
「天端石」採石を思わせる矢穴。

東伊豆町稲取地区、本林石丁場の大割石。
全体を覆っていた堆積物と蔦、雑草を取り除くと見事な矢穴が現れました。
この大割石、静岡県の調査では「角石」切り出し後の残石とされていましたが、
堆積物等の取り除きで現れた「矢穴」は「天端石(城壁最上段に使用される築城石)」採石の丁場跡とではないかと思わせます。

長さ300cm、高さ146cm、幅156cm。
「角石」として加工されても第一級の築城石になったことでしょう。

詳細は東伊豆江戸城築城石石丁場ホームページ

「東伊豆江戸城築城石BLOG」開設です。

東伊豆江戸城築城石石丁場ページのブログを開設しました。
石丁場探索のTOPICSを随時情報アップ致します。

20160221hokkawa_blog01

写真は、
下田方向に南下する国道135号線、北川トンネル手前山側(右手側)竹藪に見える巨石です。国道から見える巨石は4~5mほどですが、実際には最下部から10m近い大岩であることが判明、周囲は巨大転石群であることが確認出来ました。

巨石の中には矢穴、矢割跡があり築城石採石の石丁場で、伊豆急行線伊豆北川駅改札口付近の石丁場から連続する大規模な丁場跡であることが窺われます。

現在は国道135号線によって分断されていますが、旧国道からの潜入により周辺の沢や傾斜面に巨大な岩が点在していることが確認出来たのです。堆積物や不法投棄の廃棄物、朽ちた竹や蔦で全体像を把握することが困難ですが、しっかりした調査の実施で新たな発見が期待出来る石丁場の一つであると思われます。