根拠無き立て看板 熱川温泉と太田道灌は無関係

観光客を欺く立て看板
観光客を欺く立て看板

今まであまり気にしていませんでしたが、事実無根の立て看板に怒り爆発です。
太田道灌と熱川温泉、全く関係ありません。 歴史上、いかなる文献を探しても伊豆熱川と太田道灌を結びつける文章が出てこないのです。しかも築城石と太田道灌は無縁なのです。

築城する際、石垣に関して石を切り出して城郭にしたのは徳川時代になってからのこと。豊臣時代以前の築城は全て野面積み、つまり石材は切り出すことをせず、自然石のまま積み上げて城郭としていたのです。

唯一、秀吉が攻め入った北条の小田原城攻めの際、一夜城を造成した石垣に一部、打込積みが採用され切り出し石材が使用されたことが遺構から確認されています。つまり豊臣時代の城郭石材切り出しはこの一例だけなのです。 豊臣秀吉の小田原征伐は1590年、太田道灌没年は1486年。 国内のいかなる城郭を見ても1590年以前の石垣は全て野面積みとなっているのです。

百年以上前にこの世を去った太田道灌が石材切り出しを伊豆で行ったとは奇想天外、全くあり得ないこと。太田道灌が関東管領・扇谷定正の名により江戸城を築城したのは1457年であり、平山城として築城され、石垣は全て野面積みのため石材の切り出しは行われていません。 1600年の関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康によって1603年、天下普請の命が下り、江戸城の大改修が始まったのが1604年。

時の幕府は天下普請により豊臣方に加担した西国大名に対して経済制裁とも言える築城石石材調達を命じたのです。つまり、徳川家康が関ヶ原の戦いに勝利していなければ天下普請の命が下ること無く、江戸城改修のための石材切り出しは行われなかったのです。
また立て看板内「村人たちは皆こぞって築城石の切り出しに・・」とありますが、江戸城大改修の時、伊豆東海岸は天領地であり住民は幕府と同等の人格を持っていました。古文書より石材切り出しに際し地元の村民は使用人とするべからず・・、といった内容の厳しい発令がされ「仕事中、雑談するな」「喧嘩はするな」「村民に迷惑を掛けるな」「時間を守れ」「石材の寸法を守れ」など禁止事項が記載されていたのです。

たった一枚の立て看板ですが・・、観光客を欺く立て看板。

2014年、熱川温泉観光協会より築城石に関する書籍が発行されました。こちらも江戸城築城石採石は太田道灌の遺言といった記載がありますが、全くの嘘であり、何の根拠もありません。 観光協会費より制作費が捻出されているようですが協会費には町からの補助が出されています。つまり税金が使われているのです。 嘘も百年言い続ければ事実・・まるで隣国がするようなことが我が町でされていると思うと情けない気持ちで一杯です。 立て看板は即撤去、書籍は即回収すべきでしょう。(書籍は図書館書棚から引き上げられました。)

また、熱川温泉が太田道灌を持ち出したのは、歴史深い稲取とは異なり歴史的な逸話が無い熱川に何か逸話を、と苦慮した昭和30年代?の観光協会事務局が「奈良本一丁目一番地」の地名(住人の名字?)であった「太田」。そこでふと浮かんだのが太田道灌。あまりにも稚拙な思いつき。さらに巻狩に来た太田道灌が発見とは・・。

当時の巻狩とは大規模な軍事演習を意味します。関東管領・扇谷定正の筆頭幹部であった道灌が陸路で大隊組んで伊豆山中を抜け東海岸に来る訳がありません。さらに当時の道灌の行動を考査すれば、東伊豆に立ち寄る時間など全くないほど多忙を極めていたのです。駿府での交渉事の後、韮山の堀越公方に報告によったことは史実で確認されていますが、その後直ちに江戸に帰還しているのです。

海岸沿いに建つ太田道灌像は西伊豆町仁科出身で日本を代表する彫刻家・堤達夫先生の作品です。道灌と熱川温泉が全く関係ないことを知りつつ道灌像を制作したのであれば特に問題ないと思いますが、根拠の無い話を持ちかけて制作して頂いたとなると大いに問題ありではないでしょうか。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください